自転車

夜の荒サイが怖すぎたので超明るい自転車用ライトを購入した

投稿日:

3週間ほど前に、クロスバイクを買いました。

買ってから毎日毎週乗ってまして、今月の走行距離はだいたい400km弱くらいです。ハマりすぎ。

平日は仕事の後に近場を軽く、土日にガッツリってスタイルなんですけど、先週あたりから月末の繁忙で中々乗れていませんでした。

で、ムシャクシャして平日の仕事が終わった後に荒サイへ行ったら真っ暗でヤバかったってお話をこれからしていきます。




夜の荒サイ(正式名称:荒川サイクリングロード)が暗すぎてヤバい

百聞は一見にしかずといいますし、まずはこちらを御覧ください。

夜の荒サイ

ただ黒いだけの画像じゃありません。

これ、夜の荒サイです。もう真っ暗で何も見えないです。

夜の荒サイから見る笹目橋

夜の荒サイから見る笹目橋

笹目橋の方を向くとこんな感じ。テールランプが綺麗で。

暗さに関しては十分伝わったと思います。

結局この日は「この状態で走ったらたぶん死ぬ」と思って引き返しました。ちなみに我が家からこの笹目橋あたりまで約12kmあります。それだけでもそこそこいい運動になりました。

安さ優先で選んだライトじゃ夜の荒サイは走れない

新車でウチのクロスバイクを買った際に取り付けていたのがコレです。

スッキリしたデザインで気に入ってたし、何より安かったし乾電池が長持ちするので気に入っていたのですが、夜の荒サイでは全く歯が立ちませんでした。

御覧ください。

安いライトで照らしてみた

安いライトで照らしてみた

ほんのり明かりが灯っているのですが、焼け石に水。てか全然前を照らせてません。

少しだけ明るくなっている箇所がありますが(画像参照)、本当にライトが付いているのか際どいようなレベルです。

せいぜい点滅モードで「僕はここにいるよ…」ってアピールくらいしかできません。

本当に前が見えないんですわ!

命の危険を感じたので、とにかく明るい自転車用ライトVOLT400を購入

色々と情報収集をした結果、VOLT400がとにかく明るいぞってレビューがやたら目に付きます。

CAT EYEはロゴが好きだし、ググってみたら前に着けてたモデルと形も近いので深く考えないで選びました。

楽天ポイントが5000Pあったので、手出し700円くらいでゲット。

created by Rinker
キャットアイ(CAT EYE)
¥5,590 (2018/11/16 23:23:36時点 Amazon調べ-詳細)

VOLT400の箱・内容物・実物など

VOLT400の箱

VOLT400到着

開封をごちゃごちゃ書いても仕方ないんで、ざっくり画像貼っておきます。

VOT400の箱裏面

箱の裏面

VOLT400同梱物

VOLT400同梱物

箱の中身は

  • ライト本体
  • ブラケット
  • 充電用MicroUSBケーブル
  • 取説

のみ。余計なものは一切入ってません。

VOLT400の充電口

充電口

ひっくり返すとゴムの蓋があるんで、そこをめくるとUSBの差し込み端子があります。

充電すると赤く光る

充電すると赤く光る

充電中はスイッチが赤く光ってかっこいいです。ピカー。

充電が終わるとスイッチの点灯は消えます。

VOLT400を装着して荒サイへ再び挑む

というわけで、リベンジです。

夜の荒川サイクリングロード再び

夜の荒川サイクリングロード再び

前回は都内側から撮影したんですが、このときは埼玉側から撮影しました。

まあ画面の8割黒いから関係ないんですけども。

で、見せてもらおうか…VOLT400の性能とやらを!

VOLT400、灯火

VOLT400、灯火

超明るいワロタ。

念のために言っとくと、あくまでライトの性能のみでカメラのフラッシュなんかは炊いてません。

純粋にVOLT400の性能のみです。

安いライトで照らしてみた

安いライトで照らしてみた

比較してみると、安いライトが全く仕事してないのが分かりますね。

で、実際に走ってみた感想なんですがVOLT400は光の幅が超広いです。

とにかく広範囲を明るく照らしてくれます。

空裂眼刺驚(スペースリパースティンギーアイズ)とメガオプティックブラストくらい違います。

※参考リンク 画像検索:空裂眼刺驚 / 画像検索:メガオプティックブラスト

安全に夜のライドをするなら、このくらいの光量は欲しいな…としみじみと実感しました。

VOLT400を使ってみて感じた欠点

一応僕もブログを書いて1年以上たつので、メリットだけじゃなくデメリットも書いたりします。

虫が嫌になるほど寄ってくる

はい。

もうね、間違っても口を開けたまま立ち漕ぎなんかできないレベルで虫が寄ってきます。

追突や転倒のリスクとトレードオフなのは分かるのですが、ちょっと笑えないくらい虫が寄ってきました。もう10月なのに。

せめてマスクくらいはしないと、快適には走れないかもしれません。

真夏の車のバンパーみたいなことになります。

ライトを上向きにすると対向車が眩しい

これは自転車だけじゃなくて車にも言えるんですけど、とにかくライトが明るいので向きに気を使う必要があると思いました。

この前すれ違ったんですけど、ライトを超上向きにして全力でこっちに走って来られると目がくらみます。

公道でそれやって対向車がこっちに突っ込んできた、とかなったら目も当てられないんでブラケットの取り付け位置はきちんと調節したほうが良さげです。、

暗い時間の荒サイはマジで何も見えないので高性能ライト必須と実感

総括します。

夜の荒サイまとめ

  • マジで前が見えないので、高光量の性能高めライトは必須
  • 対向車のためにも角度は念入りに調整したほうが良さげ
  • 安いライトじゃ歯が立たない

ここまで書いて身も蓋もないことを言っちゃうと、荒サイは明るい時間に走ろう?

信号なしでそこそこの距離を走れるのは確かに気持ちいいですが、夜に危険を犯してやるほどのことじゃないと思います。

じゃあせっかく買ったこの高性能ライトはどうするの?と思うかもしれません。

だったら早朝に使えばいいんです!

いやね、あまりにも自転車に乗りたすぎて5時起きしたりもしてるんですが、もう秋も深まって来たせいか5時じゃ真っ暗なんですよ。

5時半くらいになればそこそこ明るくなるんで、それまでの間を照らして貰えばいいんです。

 

という訳で、夜の荒サイはマジで怖いから明るいライトを買おうねっていうお話でした。




関連コンテンツ



-自転車

Copyright© エレキ宇宙船 , 2018 All Rights Reserved.