エレキ宇宙船

浪漫を感じるモノ・ことのブログ

ヴィレバンでよく流れてるJ-POPをジャズっぽくアレンジした曲が苦手

スポンサーリンク

f:id:tenbin_libra:20180426150643p:plain

ジャズが好きなんですよ。大して知識も無いし詳しくもないけど、好きでよく聴いてます。

www.tenbin-libra.com

こういう記事書いちゃうくらいには好きなんです。

 

で、J−POP。

小学校の頃B'zにハマって、18くらいで洋楽にかぶれるまでは当然好んで聴いてました。いいよねB'z。アローーォーーンぼくらはーーーー。

まあ、年相応にJ-POPも聞きましたし流行りにも乗ってきました。僕が中学校の頃はアレだ。浜崎あゆみとかSPEEDとかその辺がいつもランキング上位にいた世代です。

 

で、タイトルのお話なんだけども。

ヴィレバンあるじゃないですか。ヴィレッジヴァンガード。オサレな本屋&雑貨屋さんです。よくイオンとかショッピングモールに入ってますよね。

書籍以外にも幅広い雑貨を扱う複合型書店であり、売れ筋商品と共に趣味性の高い商品を中心に扱う。

「遊べる本屋」をキーワードに、書籍、SPICE(雑貨類)、ニューメディア(CD・DVD類)を融合的に陳列して販売する。

引用元:ヴィレッジヴァンガード (書籍・雑貨店) - Wikipedia

まあアレです。

集団に馴染めないマッシュルームカットでロキノン系好きなボーイズとか、私は人と違う!って信じてるアラレちゃんみたいなメガネをかけたガールズなど、ワナビーちゃんが好むお店です(偏見)。

僕も10年くらい前は週4でヴィレバン行って鳥肌実のCDとか本秀康のマンガを買っちゃうようなメンズだったので、あまり偉そうなことは言えないんだけども。 

で、タイトルの話なんですけども。

ヴィレバンの店内BGMでよく流れてるJ-POPをジャズっぽくアレンジした曲が苦手なんだ!って話です。

ジャズアレンジって全て同じ人が歌ってんの?

百聞は一見にしかず。まずはこちらをお聴き下さい。

どんなときも。

どんなときも。

  • Sotte Bosse
  • J-Pop
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

オサレだなあ!

いやね、ジャズ好きだしジャズっぽくアレンジするのについてはむしろ歓迎なんですよ。今までジャズに興味が無かった人が、自分の好きな曲のジャズアレンジを聴いて興味を持つってパターンも多いですもんね。

ただなぁ…コレ系のジャズアレンジしたJ-POP歌ってる人って、かならずスモーキーな声でCHARAとかUAの真似しなきゃいけない掟でもあるの?

みんな似たような歌い方してて、区別がつかねーんですわ。今朝もラジオで一青窈のハナミズキをジャズっぽくカバーしてるのが流れてましたが、やっぱスモーキーボイスでCHARAみたいな歌い方してました。

サブカル系ヲタクにはオサレ耐性がない

そう、僕のことです。

あの頃僕は必死で脱オタクファッションガイドを読み、ファッション専門誌を読んで知識を集め、フォーラス*1で服を買い、一歩踏み外してAnd Aとかに手を出してました。

しかし悲しいかな、いくら見た目を変えても、オタクはオタク。オサレな場所はとても居心地がわるいのです。

 

ヴィレバンに入るや否や、耳に入ってくるのはオサレに特化したようなボサノバアレンジされた小田和正。

言葉にできない

言葉にできない

  • Sotte Bosse
  • J-Pop
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

オサレ耐性が無いサブカル系オタクは、もはや毒沼に突っ込んだようなものである。歩くたびにHPが減っていく。お目当ての本を探し出した頃にはウインドウが真っ赤になっているのだ。

そもそもヴィレバンってオサレ雑貨の店じゃなくてマニアックな本と雑貨の店だった

ヴィレッジヴァンガードって、今でこそオサレ雑貨やファッションアイテムとかを扱ってるけど、昔はガロ系のマンガとかマニアックな雑誌やインディー系CDのお店だったと思うんですよ。

 

日野日出志のマンガとか

変奇郎とか

こういうムック本とかさ

こういうTシャツとか

 

こういうのを買うお店だったはずだろー!!

このラインナップを見て、オサレなジャズが合うか?合うわけないだろー!!

コアなサブカル系オタクは駆逐されたのか

本来ヴィレバンを好んでいた層ってのは、オサレ系ボサノヴァ・ジャズとは程遠い人種であったはずなんです。

しかし何時からかヴィレバンにはリリー・フランキーに心酔してそうなガールズの巣窟になってしまってました。それに合わせて品揃えも様変わりしました。

本棚に平積みされていた本は

こういう本だったのが、今では

こういう本ばっかりになってしまいました。悲しい話です。

最後に

こんな感じで、古のサブカルオタクは迫害されてきたのです。

そして、J-POPをジャズとかボサノバ調にアレンジしたカヴァー曲こそ、いわば迫害の御旗のような存在なのです!だから僕は苦手なんだ!

 

まあ、被害妄想もいいとこですけども。

 

ここまで書いてきてアレですが、家庭が出来て仕事でもそれなりの立場になってくると、サブカルだなんだって言ってる暇は無くなりますな。

と、身も蓋もないことを書いたところで、この記事を終わりにします。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

*1:仙台にあるファッションビル。109みたいなもん。