2台目のロードバイクはMERIDA(メリダ)のを買うと決めている

自転車

3ヶ月前にロードバイクデビューをしたばかりの筆者ですが

[st-mybox title=”関連記事” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#039BE5″ bordercolor=”#ffebee” bgcolor=”#E1F5FE” borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

初めてのロードバイクTREK Emonda(エモンダ)ALR5で約250km走ってみた感想・評価

[/st-mybox]

既に2台目のバイクは何を買うか決めています。

まだまだ1台目のバイクにすら慣れていない状態で何を言ってるんだコイツ…感がありますけども、今日はそんなお話です。

スポンサーリンク

2台目のバイクは台湾のメリダ製に決めている理由

台湾が好き

[st-kaiwa1]台湾が好きなんだよ![/st-kaiwa1]

いやですね、筆者は一度も海外に行ったことはないのですが、台湾は昔から好きなんです。

親日国ですし、何より東日本大震災に被災した立場からすると、台湾がしてくれた対応は最高に素敵でした。

義援金200億円って。金額の大きさ以上に、台湾の方々の親切心が嬉しかった。

当時実家の家族とも連絡が取れずに一人心細い思いをしていた中で、この台湾からのニュースは気持ちを前向きにしてくれました。

もともと印象が良かったのが、もう大好きな国になりましたよ。

GIANTのESCAPE R3で自転車趣味に目覚め、台湾が自転車大国であることを知り、趣味を通じて還元できるとしたらもう最高じゃないですか。

クロスバイクはGIANTだから、ロードはMERIDAにしたいと考えております。

バーレーン・メリダカラーがカッコいい

MERIDA(メリダ) ロードバイク REACTO 400 (リアクト 400) 2019モデル (ブラック(TEAM REPLICA) | EKC2) 54サイズ
メリダ(MERIDA)

これはREACTO400ってバイクなのですが。

2019年現在、新車価格169900円(税抜)で乗れるアルミのエアロレーサーです。

で、この画像のバイクがバーレーン・メリダカラーと呼ばれるプロチームのレプリカカラーモデルなんですね。

この黒と赤を基調としたカラーリング…カッコよくないですか?

[st-kaiwa1]そういえば初めて買ってもらったMTBも黒と赤のカラーリングだった。[/st-kaiwa1]

メリダのコストパフォーマンスは異常

ロードバイクを買うに当たって、「コストパフォーマンス」という単語を使うのはあまり好きじゃないんです。

だって、自分が乗りたいと思ったバイクに乗るべきだと思うから。

なんですが、そんなポリシーを放り投げてしまいたくなるレベルでメリダのバイクはコストパフォーマンスが高いです。

実際に僕が買ったTREKのEmonda ALR5は

[st-mybox title=”TREK Emonda ALR5″ fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • アルミフレーム
  • カーボンフォーク
  • フル105
  • TREK手組みの重いホイール
  • 完成車重量8.75kg
  • 税抜き価格199000円

[/st-mybox]

こんな感じのスペックです。

それに対して、ほぼ同等グレードのMERIDA REACT 400は

[st-mybox title=”MERIDA REACT 400″ fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • アルミフレーム
  • カーボンフォーク
  • フル105
  • ホイール:鉄下駄
  • 完成車重量9.3kg
  • 税抜き価格169000円

[/st-mybox]

純正ホイールの重さが正確に分からないのですが、その分を差し引いてもほぼ同等の装備・スペックで30000円の差はデカすぎる。

当分先だけど、2台目はREACTO(リアクト)4000の予定

カーボンフレームのエアロレーサーが24万円台

やっぱ僕もおっさんながら男の子なので、少しでも早く走りたいし追い抜かれたくないんです。

しょっちゅう荒サイを走ってるんですが、後ろからよくTREKとかCerveloのエアロロードにぶっちぎられるんですよ!

もちろん乗ってる人のエンジン性能の違いもあるでしょうが、やっぱ抜かれると悔しいし、攻めてバイクくらいは同じ土俵に立ちたいって強く思うわけです。

 

で、このREACT 4000。

フルカーボン・フル105装備で24万円台。破格だな!?

他のメーカーだとエアロバイクは最低でもコンポアルテグラから、みたいなラインナップなんで、105搭載のエアロロードは貴重。

中の人の性能的に105以上のコンポは当分使いこなせそうにないので、アルテグラとかデュラエースはまだ早いんですよ…。

何に乗るか悩んだらGIANTかMERIDAって、ある意味正解な気がした

ロードバイクに乗ってみたいけど何を買ったら良いか分からん!と悩んだらGIANTかMERIDAを買っとけって風潮があるんですが、調べれば調べるほど概ね正しいな、と思います。

もうね、価格と装備のバランスが全自転車メーカー含めて頭ひとつどころか3つくらい抜けてるんですよ。

なもんで、2台目のバイクは台湾への感謝とリスペクトとお財布事情を考慮してメリダに決めています、ってお話でした。

2台目のバイクをメリダに決めている理由

  • 極めて高品質なのに低価格
  • デザインがお洒落(個人の好みも大いに含む)
  • 24万円台(税抜き)でカーボンエアロに乗れる

筆者は今後も台湾が好きだ、と声を大にして言って行きますし、出来るところで台湾への還元もしていきたい。

いつか旅行にも行きたいなぁ。

などと、遠い目をしつつこの記事を終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

created by Rinker
¥1,980 (2023/05/20 14:11:33時点 Amazon調べ-詳細)

[st-mybox title=”関連記事” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#039BE5″ bordercolor=”#ffebee” bgcolor=”#E1F5FE” borderwidth=”1″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

30代から始めるロードバイク(自転車趣味)の記事まとめ

ロードバイク買ったばかりの初心者がAmazonで自転車関連アイテムを沢山買ったから晒すよ

[/st-mybox]

タイトルとURLをコピーしました