仕事

転職7回ジョブホッパーの僕が効率的な履歴書の自己PR欄の書き方・コツを紹介します

投稿日:

記事タイトルの通り、僕は若い頃にフラフラ遊び回った結果、転職回数7回の超ジョブホッパーとなってしまいました。

現在は三十代になってから出会ったホワイト企業に入社、さほど給料は高くないながらも毎日定時退社・ボーナスあり・社保完備の会社で頑張っております。

で、現在の会社に出会うまで何枚も履歴書を書いてきました。

履歴書の中で一番苦手だったのが「自己PR」欄です。

毎回「こんなの何書けばいいんだよ…」と頭を抱えていました。

そこで、この記事では7回の転職を経て身につけた究極に楽な履歴書の自己PR欄の書き方を紹介してみようと思います。

  • 履歴書の自己PRに何を書いたらいいのか分からん…
  • そもそもPR出来るようなスキル持ってない\(^o^)/

みたいな悩みをお持ちの方には、いくらか役に立つ内容になると思うので、ぜひ読んでみてくださいませ。




転職回数7回の筆者による履歴書の自己PRを楽に書くコツ

自分の欠点・ダメなところをピックアップしてから書き始める方法

割とメジャーな方法ですが、かなり有効な書き方です。

実際にステップを追って説明してみます。

step
1
自分の欠点を複数書き並べる

人間って不思議なもので、自分の良いところを挙げようとすると全然思いつかないけれど、悪いところ・嫌いな点っていくらでも出てきます。

まずはそれを考えましょう。

筆者が自覚している欠点・ダメなところは

自覚している欠点

  • 飽きっぽい(転職回数の多さが物語っています)
  • そのくせハマると周りが見えなくなるくらい熱中する
  • 無駄遣いが多い(新しいデジモノを見ると衝動買いしがち)

ざっとこんな感じです。

step
2
欠点を長所に言い換える

上で挙げた欠点を、もっともらしく長所っぽく言い直します。物は言いようってやつです。

筆者の上記欠点を長所に言い直すと

長所に言い直してみると

  • 飽きっぽい→新しいことに挑戦することに迷いがない
  • そのくせハマると周りが見えなくなるくらい熱中する→一度決めたことはやり遂げる集中力もある
  • 無駄遣いが多い→効率を上げるための出費なら迷わず使う

こんな感じで言い換えれますね!若干強引なくらいでちょうどいいです。

ポイントは、欠点(長所)を最低でも3つは挙げること。一つだけだと、書ける自己PR文が短すぎて記入欄を埋められません。

step
3
長所(欠点)を過去のエピソードに当てはめる

一つ前のステップで挙げた長所を、実際のエピソードに当てはめてみましょう。嘘にならない範囲で脚色してもOKだと思います。

新卒の方は学生時代の部活・サークルのエピソードに。転職組の方は、前職でのエピソードに絡められないか。

具体的には

  1. 学生時代、野球部でピッチャーだったが、常に二番手投手だった
  2. 試行錯誤を繰り返し、何度もフォームを変えてみた(新しいことに挑戦する
  3. 3回目のフォーム変更で、サイドスローに変更したらしっくりきた
  4. サイドスローを物にするため、寝る時間すら惜しんで練習した(一度決めたことはやり遂げる
  5. 結果を早く出すために、スパイクを何足も試しては買い直したり、教本を買って読み漁ったりした(自己投資は惜しまない
  6. 努力が実って、4年目夏にはエースの座を勝ち取った!

こんな感じです。あとはこれを文章にするだけですね。

ちなみにこの自己PR文の書き方は、筆者が実際にハローワークで採用担当者に教えてもらった方法です。

自己PR文だけで合否が決まるわけではありませんが、書けずに悩んでいる時間を少しでも減らして数をこなしたほうが建設的です。

ポイント

  • 長所を見つけるのが苦手なら短所を見つけよう
  • 短所は見方を変えれば長所に化ける
  • 実際にあったエピソードに当てはめて文章化する

グッドポイント診断の内容を流用する方法

日本で最大の転職サイト、リクナビNEXTのコンテンツに、無料で出来る自己診断「グッドポイント診断」というものがあります。

実際に筆者も診断を受けてみたのですが、これは無料とは思えないクオリティ・有用性です。

18種類の特性の中から5つの強みを見つけ出してもらい、客観的に自分の強みを知ることが出来ます。

また、見つけ出してもらえた5つの強みは、一つの項目につきそれぞれ200~250字ほどあります。これだけでかなりのボリュームが稼げますね。

 

余談ですが、筆者が現在働いているホワイト企業はリクナビNEXTから入社しました。限定求人ですね。

リクナビNEXTは最大手だけあって、求人数も膨大です。

転職希望者の方は登録しない理由がゼロですので、まだ登録していない方はぜひ。

公式サイト

筆者のグッドポイント診断の結果

実際の診断結果を見てもらうのが手っ取り早いと思うので、貼っておきますね。

感受性
グッドポイント診断・感受性の詳細

グッドポイント診断・感受性

1つ目の結果は「感受性」。

事実、筆者はとにかく周りの人間に気を使いまくるタイプです。気を使いすぎて疲れることもよくあるのですが…

この項目では「常に周りを見て気を使える人間である」ということがアピールできます。

バランス
グッドポイント診断・バランスの詳細

グッドポイント診断・バランス

2つ目の診断結果は「バランス」。

全体を見通して、どちらかに極端に偏りすぎないように舵を取ることが出来るらしいです。

「全体にとって最適と判断すれば、自分の意見や希望と異なっていたとしても周囲と歩調を合わせます」という一文から、

会社にとっての利益のために自分を合わせられます、というアピールに繋げられますね。

親密性
グッドポイント診断・親密性詳細

グッドポイント診断・親密性

3つ目の診断結果は「親密性」。

これはシンプルに「控えめ・礼儀正しい」と言い切ってくれてますね。

面接まで進めれば、これは目で見て理解してもらえると思います。

冷静沈着
グッドポイント診断・冷静沈着詳細

グッドポイント診断・冷静沈着

4つ目は「冷静沈着」。

自分ではあまり自覚がないのですが、どうも冷静沈着な人間らしいです。

こういった自分で自覚していない部分を客観的に知れると、過去のエピソードに照らし合わせて新しい自分の発見につながることが多いです。

受容力
グッドポイント診断・受容力詳細

グッドポイント診断・受容力

最後の強みが「受容力」。

とにかく角を立てないように生きてきてますんで、事なかれ主義の筆者にはぴったりですね。

企業はトラブルメーカーを嫌いますし、ルールを守れてスムーズに馴染める人間ってだけで重宝されることもあります。

自己PR文に説得力を持たせる2つのポイント

実際に自分が経験したエピソードに絡める

やっぱり、自分が経験したことは最高のネタになります。

やるな、とは言いませんが、ここで嘘を並べると面接で突っ込まれたり入社後に苦労したりするのでおすすめは出来ません。

嘘にならない程度に脚色するのはアリだと思いますが。

筆者のような、学生時代に部活にもバイトにもボランティアにものめり込めなかったタイプの人間は

  • 家族には〇〇と言われます
  • 幼稚園からの付き合いの親友には○○と言われます
  • 教師からは〇〇と言われました

といった、他社からの評価を文章内に盛り込むことで多少は信憑性を持たせることが出来ます。やらないよりは良いので、ぜひやりましょう。

具体的な数字を出す

社会人の転職組は、具体的な数字を出してなんぼです。

筆者の会社では現在4名ほど中途採用を募集しており、応募者のエントリーシートを見ることもあるのですが。

やっぱり「配属された部署で売上を○○%向上させました。具体的な手法は…」みたいな自己PR文は目を引きます。

ポイントとしては

  • 配属された部署でのエピソード
  • 実際に出した実績(数字)
  • 自分が貢献した方法

この3つがあるだけで、書類選考の通過率はかなり上がると思います。

当然ですが、ここで嘘を書くのはNGです。

ジョブホッパー視点での履歴書自己PR文の書き方・コツのまとめ

最後に総括します。

自己PR文を楽に出すコツ

  • 自分の短所を並べて長所に言い換える
  • グッドポイント診断で客観的な強みを知る
  • 実体験・具体的な数字をもとに文章を書く

この記事が、自己PR文が書けずに悩んでいる転職希望の方に少しでもお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。




関連コンテンツ



  • この記事を書いた人

天秤

自動車整備7年→Web制作会社→コールセンター→起業失敗→建設機械整備5年目の現役メカニック。 整備も好きだけど、工具が大好き。一番好きな工具メーカーはコーケン。 長年の整備経験から得た工具の知識・コールセンターでの仕事のこと・趣味のクロスバイク・ロードバイクのこと・ガジェットのことなど、幅広く発信中。 レビュー依頼・寄稿依頼も大歓迎。詳しくは問い合わせフォームよりご連絡を下さい。 有資格者だってことの証拠に、整備士資格の合格証書を載せておきますね! 2級ガソリン・ジーゼル整備士合格証書

-仕事

Copyright© エレキ宇宙船 , 2019 All Rights Reserved.