リンクスメイト

LinksMate(リンクスメイト)を夫婦で1年使った感想とメリット・デメリットなどを語るよ

投稿日:

auからLinksMateに乗り換え(MNP)をして、一年が経ちました。

前に書いた記事がこちら。

この記事では、実際に筆者がリンクスメイトを12ヶ月利用してみて感じたことを総合的にまとめてみようと思います。

リンクスメイトが気になるけど、メリット・デメリットをしっかり知りたい!

といった方へ向けて書き進めていきますので、ぜひお読みくださいませ。

LinksMate公式サイトを見てみる/




LinksMateを実際に1年使って感じたメリット

通信容量10GBを維持したまま年間携帯代が夫婦で半額以下になった

実際にリンクスメイトからの請求画面をキャプチャしたので、まずはそちらをご覧ください。

筆者の2018年8月料金は4763円

筆者の2018年8月分月額料金内訳

筆者の月額料金内訳

2018年8月請求分

  • 10GBプラン:2500円
  • 音声通話:600円
  • ユニバーサルサービス料:2円
  • カウントフリーオプション:500円
  • 通話料(6月利用分):809円
  • 消費税:352円
  • 合計:4763円

続いて妻の分です。

妻の請求明細内訳

妻の2018年8月請求明細

妻の月額料金内訳

2018年8月請求分

  • 10GBプラン:2500円
  • 音声通話:600円
  • ユニバーサルサービス料:2円
  • カウントフリーオプション:500円
  • 10分かけ放題オプション:850円
  • 通話料(6月利用分):205円
  • 消費税:372円
  • 合計:5029円

このように、二人で9792円(税込)。10000円以下で済んでいます。

以前利用していたauの分は料金明細が残ってないのですが、クレジットカードの請求明細があったので参考までに載せておきます。

2018年2月分au料金のカード請求明細

2018年2月のau料金

このように、auで23455円だった金額がリンクスメイトに乗り換えることで9792円と半額以下に出来ました。

カウントフリーオプションでゲームやSNSのデータ通信9割カット

筆者はグラブル廃人かつTwitterも廃気味です。

カウントフリーオプションに加入しておけば、対象のコンテンツでの通信容量が90%オフになります。

筆者が主に利用するカウントフリーオプション対象は

  • グラブル
  • Twitter
  • AbemaTV
  • ニコニコ動画

です。

他のゲームやコンテンツも90%カットになるんですが、カウントフリー対象が多すぎてそれだけで1記事ぶんのボリュームになります。

詳しくは公式サイトにてご確認下さい。刀剣乱舞とかプリンセスコネクトとかシャドバも対象ですよ。

テザリングが無料で快適

月額利用料金がかからないでテザリングが利用可能。筆者は屋外でPC作業をすることも多いので、大いに助かっています。

auの場合はテザリングを利用するだけでも月額500円が発生しますので、これだけで年間6000円も節約に!

三大キャリアに比べれば遅いが、他の格安SIMに比べれば快適な回線速度

世間的には

格安SIMって回線の速度が遅いんじゃないの?

と思われることが多いです。

正直、ドコモauソフトバンクの大手に比べれば多少は遅いけど、他の格安SIMと比較するとリンクスメイトはかなり回線速度が早い方です。

実際に筆者が測定してみた結果を紹介します。

平日午前10時頃で21.39Mb/s

平日午前10時頃測定

先日、3月2日の午前10:49に測定した結果が下り21.39Mn/s、上り23.32Mb/s

平日14時頃の測定で22.55Mb/s

平日14時頃の測定結果

3月5日の14:39に測定した結果、下り22.55Mb/s・上り11.13Mb/s

平日21時頃で23.43Mb/s

平日21時頃測定した結果

3月6日の21:09、いわゆるピークタイムと呼ばれる時間でもこのくらいの速度が出ました。

あくまで筆者の環境(埼玉寄りの23区内)のものですが…。参考までに!

より詳しい回線状況は、公式サイトで毎日報告されております。

リンクスメイトは比較的マイナーな格安SIMなのでユーザーが少なくて快適

ぶっちゃけますと、リンクスメイトってかなりマイナーな格安SIMなので、ユーザー数が少ないから回線が快適なんですよね。

今後なにかがきっかけで爆発的にユーザーが増えてしまうと、この快適さが失われそうで怖い気もします。

以前、某ii○のシム使ってたけど、昼時なんか1Mも回線速度出ないとかザラでしたからね…。

リンクスチケで水ゾと水着ジャンヌゲット

リンクスメイトを使う最大の理由が、グラブルのキャラが手に入るチケットを貰えるからなんです。

で、1年で2枚チケットがもらえるんですが、僕が交換したキャラはこの二人です。

リンクスチケで手に入れた水ゾ

最初のリンクスチケで水ゾゲット

水着ゾーイと

2枚めのリンクスチケで水着ンヌゲット

2枚めのリンクスチケで交換した水着ジャンヌ

水着ジャンヌ!

キャラの性能的にも見た目的にも中の人大満足しております。

特に水ゾは未だに他心+チョーク+チェイサー+コンジャク+反骨で一瞬でMVPかっさらえますね。石マルチが捗る。

リンクスメイトを12ヶ月使用して感じたデメリット

今度は実際に使って見て気づいたリンクスメイトのデメリットについて語ります。

そこまで致命的なデメリットは無いんですが…

24回分割でiPhoneが買えない(対策アリ)

個人的に一番痛いなーと思うのがコレです。

まあ、格安SIM会社でiPhoneを取り扱っているところの方が少ないので当然といえば当然なんですが、筆者はiPhone大好きなので結構キツイです。

過去にAndroid端末も使ってましたが、やっぱiPhoneが一番楽でストレス無く使えるんですよ。

そんな訳で、以下対策方法です。

対策その1:Apple StoreでSIMフリーiPhoneを分割で購入

これが王道かと思います。筆者もそうします。

ちなみに筆者はiPhoneXRの64GBを24回払いで購入予定です。

月々の支払いは3816円(税込)。

この金額にリンクスメイトの月額料金が加算されるので、トータルで考えると大手キャリアと同等・あるいは若干安いくらいで着地できます。

注意ポイント

ドコモ・au・ソフトバンクでの購入に比べて割高

(トータルでは大して変わらないけど)

対策その2:メルカリなどで新古・中古端末を安く買う

若干のリスクがありますが、中古端末を使えばかなり安くiPhoneを買えます。

今だと狙い目はiPhone7か8ですかね。

購入にあたっては注意するポイントが幾つかあります。SIMロック解除済みか、そうでない場合はキャリアはどこか。ネットワーク利用制限に引っかかっていないか。

この辺の知識が必要になりますが、タイミング次第では新品同様の品物が格安で買えたりもします。

注意ポイント

  • SIMロック解除済みの端末か
  • ネットワーク利用制限が○か

この2点を購入前にチェックしよう

メルカリならカードで分割払いも出来るので、擬似的に割賦契約みたいな購入も可能。アプリのダウンロードはこちら。

対策その3:いっその事Android端末にする

iPhoneは異常に高いので、いっそのことAndroid端末に変えるというのも一つの方法です。

Android端末ならリンクスメイトでも分割購入出来ますので。

筆者も一度はアンドロイドにしようか考えましたが、グラブルとAndroid端末の相性が最悪のため見送りました。

聞きかじりの知識で恐縮ですが、グラブルは元々iOSに最適化された作りなのでアンドロイドだと極端に通信が遅くなる、と…。

注意ポイント

アンドロイド端末だとグラブルの動作が重くなるので、グラブルユーザー的には微妙

特典をもらうために契約している10GBプランだと通信容量があまりがち

僕は割とデータを使いますし、余った容量も有効活用出来ているんですが、普通に月に10GBは多いです。

特典をもらうためには最低でも10GBプランを契約しなければいけないので使っていますが、カウントフリーオプションでグラブルの通信量も9割引になっているんで10GB使い切れない方も多いです(うちの嫁とか)。

まあ、それくらいしても破格な特典なので利用していますが…。

参考までに、特典は不要な方がリンクスメイトで音声通話+通信容量1GBプランのみで契約する場合、実際に月々支払う料金は

音声通話+通信容量1GBプランの場合

  • 1GBプラン:月額500円
  • 音声通話機能:月額600円
  • ユニバーサルサービス料:2円
  • 合計:1102円

この金額で回線を持つことが出来ます。

他の格安SIM会社と比べても、かなり安いですね。

データシェアプランを使うことで余った通信容量を有効利用できます

筆者は余っている通信容量をこのような形で有効活用しております。

毎月付与される通信容量を、2枚のSIMで分け合って使っています。

繰越分は残しつつ、母も喜んでくれているのでやってよかったですね。

この記事では母とデータシェアしていますが、ゆくゆくは子供にも同様にしてスマホを持たせようと考えております。

10分かけ放題オプションの月額が微妙に高い

MatePhoneオプション詳細

MatePhoneオプション詳細

10分以内の通話なら、無料で利用できるMatePhoneというサービスがあります。

嫁が電話をかける機会が多いので加入しているんですが、月額850円(税抜き)と微妙に高めの設定です。

専用の通話アプリを利用して電話をかける形なので(電話番号はそのまま)、他社のIP電話経由のかけ放題サービスに比べれば使い勝手は良いんですけどね。

もっとも、3大キャリア(D・a・S)は月額2700円ですので、1/3以下の値段ではあるのですが。

解約時にSIMカード削除手数料(3000円)という謎の手数料を取られる

これは分かりやすいデメリットです。

基本的に格安SIMって縛りなし・解約料なしが売りみたいなところがあるじゃないですか。

詳しくはこの画像です。

SIM削除手数料の説明

SIM削除手数料3000円

簡単に言うと、いつ解約しても3000円かかるし、他社へ番号そのまま乗り換え(MNP)なら追加で2000円かかるよ!ってことです。

三大キャリアみたいに10000円くらいしないだけマシ…だとは思いますが、少しばかり納得いかないのも事実。

なんだかんだ安いし回線も早いので今後も使い続けます

最後に特に大きなメリットと感じるところを簡単に総括して終わります。

LinksMateのおすすめポイント

  • どれだけグラブっても通信容量90%オフ
  • Twitterも同様にカウントフリー対象
  • 潤沢な通信容量(筆者は毎月10GB以上使います)
  • 格安SIMでもかなり早めな回線速度
  • 広範囲のドコモ回線網

以上、実際に12ヶ月ほどリンクスメイトを使ってみた素直な感想でした。

過去にサブ携帯で他社の格安SIMも使ったことがありますが、それと比べても品質の良い回線だと思います。

リンクスメイトが気になっている方へ、この記事が役立てば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

公式サイトはこちら

 

 




関連コンテンツ



  • この記事を書いた人

天秤

自動車整備7年→Web制作会社→コールセンター→建設機械整備5年目の現役メカニック。 整備も好きだけど、工具が大好き。一番好きな工具メーカーはコーケン。 長年の整備経験から得た工具の知識・コールセンターでの仕事のこと・趣味のクロスバイク・ロードバイクのこと・ガジェットのことなど、幅広く発信中。 レビュー依頼・寄稿依頼も大歓迎。詳しくは問い合わせフォームよりご連絡を下さい。 有資格者だってことの証拠に、整備士資格の合格証書を載せておきますね! 2級ガソリン・ジーゼル整備士合格証書

-リンクスメイト
-,

Copyright© エレキ宇宙船 , 2019 All Rights Reserved.