食べ物・飲み物

業務スーパーで売っているロシアのお菓子シロークが美味い

投稿日:

2018年5月4日更新

 

業務スーパーはご存知でしょうか。ざっくり説明すると、業務用の食材が大変お買い得に売られているスーパーです。

その業務スーパーで、ロシアのポピュラーなスイーツ「シローク」が売っていると聞き、早速買いに行ってきました。




業務スーパーで売っているシロークのパッケージ

フレーバーが3つありますので、それぞれパッケージ写真を掲載します。

シローク バニラ味

アイスチーズケーキバー-バニラ表面

アイスチーズケーキバー-バニラ表面

アイスチーズケーキバー-バニラ裏面

アイスチーズケーキバー-バニラ裏面

黄色で目立つパッケージです。

一番人気のようで、売り切れていることも多いので注意してくださいね。

シローク ストロベリー味

アイスチーズケーキバー-ストロベリー表面

アイスチーズケーキバー-ストロベリー表面

アイスチーズケーキバー-ストロベリー裏面

アイスチーズケーキバー-ストロベリー裏面

こちらもピンクで目立つパッケージです。

ストロベリー味は結構残っているので、パッケージの色も相まって見つけやすいと思います。

シローク ブルーベリー味

アイスチーズケーキバー-ブルーベリー表面

アイスチーズケーキバー-ブルーベリー表面

アイスチーズケーキバー-ブルーベリー裏面

アイスチーズケーキバー-ブルーベリー裏面

紫のパッケージですが、若干目立ちにくいです。

3種類とも売り切れていることは稀ですが、ブルーベリー味単体だと少し見つけにくいかも知れませんね。

業務スーパーでは「アイスチーズケーキバー」という名前で販売されている

パッケージを見て気づかれたと思いますが、業務スーパーではアイスチーズケーキバーという名称で販売されています。

店員さんに「シロークありますか?」と聴いても通じない可能性があるので、確認する場合は「アイスチーズケーキバーありますか?」と訪ねましょう。

※2017年10月5日追記

僕が利用しているスーパーでは取扱がなくなってしまいました。

経営母体である神戸物産が直接リトアニアから輸入しているようなので、今後の再輸入に期待して待ちましょう。

2018年5月4日 追記

2018年の4月中頃から、再び輸入が再開されたようです!仕事で立ち寄った埼玉県内の業務スーパーで売られていました。

2018年も「アイスチーズケーキバー」という名前で売られています。アイスクリーム売り場にあることが多いので、探してみて下さい。

シロークについての基礎情報

トヴァロークをチョコでコーティングしたお菓子

シローク(ロシア語:сырок)とは、トゥバローグと呼ばれるチーズをデザート向けに加工した甘いクリームチーズ。ロシアのお菓子。

引用元:シローク - Wikipedia

トヴァロークって単語が分からなかったので、調べてみたところ「牛乳とレモンの絞り汁で作るカッテージチーズのようなもの」とのことです。

ロシアでは非常にポピュラーな食べ物だそうです。このトヴァロークをもとに、サワークリームなどを作る模様。

ほのかな酸味のある乳製分を固形化させたものですね!

シロークはロシアでよく食べられている

チョコレートでコーティングしたものが人気。味は酸味のあるチーズ、ヨーグルトとチーズの中間のような味がする。イチゴ、バニラ、ブドウ、ココナッツ、チョコレートなどさまざまな味があり製造会社や店舗によって異なる。

クリームチーズの中にキャラメルや果物のジャムが入っているものや、下にワッフル生地や堅いフルーツゼリーを敷いたものも存在する。常温だと型崩れしやすいので冷やして食べられることが多い。 ロシアのほとんどの食料品店で販売されている。価格は販売している地域によって違うがおよそ3~9ルーブル。少し高くて20ルーブル程のものもある。

引用元:シローク - Wikipedia

大体どこでも売っているようで、値段も3~9ルーブルとのこと。

3ルーブルは日本円にして約5円、9ルーブルも約16円と、駄菓子みたいなポジションでしょうか。

(※日本円への換算はこちらのサイトで行いました。便利な外国為替レート計算機

業務スーパーのシロークを食べる際の注意点

解凍してから食べるのがロシアの食べ方

ロシアで売られているシロークは、そもそも冷凍されていません。

普通に冷蔵で売っているそうです。ですので、冷蔵庫で一晩くらい解凍してから食べましょう。

解凍することで、チョコのパリッとした食感がありながら、トヴァロークがフワフワしっとりした感じでとても美味しくなります。

凍ったまま食べてみたけど、結構美味しかった

何も知らないで凍ったまま食べたのですが、まさにアイスチーズケーキバーといった感じで美味しかったです。

ただし、かなり硬いので歯が弱い方にはおすすめできません。

シロークを食べた感想

バニラ味

シローク-バニラ味

シローク-バニラ味

あまりバニラの風味は無く、まさにカッテージチーズと言った酸味、そこにチョコレートの甘みが合わさり、今まであまり食べたことのない味です。

が、間違いなく美味しい。

酸味と甘みのバランスが絶妙で、あとを引く美味しさでした。2018年5月時点ですと、1つあたり税抜き50円で売られています。

ブルーベリー味

シローク-ブルーベリー味

シローク-ブルーベリー味

ブルーベリーの鮮烈な香りで、あまりカッテージチーズ感はありませんでした。しかし、ブルーベリーの香りとチョコレートの相性は良く、プレーンよりこっちが好きかもしれない。

かなりスッキリした味わいですが、濃厚さも同時に感じさせる味なので一つあたりの満足度も高いです。

イチゴ味

 

シローク-イチゴ味

シローク-イチゴ味

イチゴの風味とトヴァロークの組み合わせが、とても相性が良いですね。これが一番美味しいと思いました。

スタバの季節限定ベリー系フラペチーノに近い味わいです。

シロークの栄養成分表と原産国

シロークの栄養成分表と原産国

シロークの栄養成分表と原産国

原産国はリトアニアでした。ロシアじゃない!

気になる栄養成分は以下の通り。

  • 成分:148kcal
  • たんぱく質4.6g
  • 脂質9.2g
  • 炭水化物11.1g

案外悪くない栄養バランスですね。タンパク質がわりとあるので筋トレ後のカーボ補給とタンパク質摂取に良さそうです。

業務スーパーで買えるシロークについてのまとめ

  • 業務スーパーで「アイスチーズケーキバー」という名前で売られている
  • 冷蔵庫で解凍してから食べるのが正しい食べ方
  • スッキリした酸味で食後のデザートに良い
  • 凍ったままでも美味しい(硬いけど)
  • 2018年4月中頃から販売再開されている模様

 

ざっくりとしたシロークの説明と感想でした。少しでも気になられたら、食べてみていただけると幸いです。

以上、業務スーパーで売っているシロークについての記事でした。おしまい。

こちらの記事もおすすめです

 




関連コンテンツ



-食べ物・飲み物

Copyright© エレキ宇宙船 , 2018 All Rights Reserved.