ガジェット

初Chromebook、ASUS Flip C101PAレビュー 初日の感想

投稿日:2017年12月17日 更新日:

先日書いた記事

www.tenbin-libra.com

の通り、ASUS Chromebook Flip C101PA を購入しました。

ヨドバシカメラにて店頭価格42670円、ポイントが4267ポイント付きますので、差し引き38403円。僕の場合は手持ちのポイントも使ったので、実質34000円ほどで買えました。うーんお買い得。

で、今日は朝から触っていたので、ファーストインプレッションとして記事に起こしてみます。

先に結論言っちゃいますけど、これは間違いなく良い買い物でした!




ASUS Flip C101PA ファーストインプレッション

開封・同梱物・接続端子

外箱

C101PA 外箱

箱はこんな感じ。シンプルです。

中身

f:id:tenbin_libra:20171217171957j:plain

中身は

  • 本体
  • 保証書
  • 取説・ビラ
  • 電源

だけです。 余計な物が一切入っていないのは好感度が高いです。

接続端子

f:id:tenbin_libra:20171217172351j:plain

本体右側側面の接続端子です。左から順に

USB-TYPE-C、イヤホンジャック、USB-TYPE-A、カードリーダー、そして一番右に再びUSB-TYPE-C。

f:id:tenbin_libra:20171217172801j:plain

本体左側側面はバッテリーランプ、電源ランプ、音量スイッチ、起動ボタン。

一日触ってみて

前回の記事で、Chromebookに求める条件は

  • ブログが快適に書ける
  • 持ち運びが楽
  • 安い(5万円以下)

と決めていました。まずはこの3つの点に絞ってレビューしてみようと思います。

ブログが快適に書ける

今まさにChromebookで記事を書いているのですが、動作がもたつくようなことは一切ありません。

ブラウザでタブを複数開き、さらにPrime Musicで音楽を聴きながらの作業ですが、キビキビ元気に動いてくれています。複数タブで音楽や動画を再生した際のパフォーマンスが少し心配だったのですが、杞憂に終わりました。

キーボードですが、打鍵感もなかなか僕好みです。きっちりタイピングしている感覚はあるけどうるさくない。これなら夜中に家族が寝た後にも使えます。

それと、慣れの問題だと思うんですが

f:id:tenbin_libra:20171217175457j:plain

矢印キーとエンターキーが少し押しにくい形です。今日一日触ってたらだいぶ慣れてきましたが、まだ改行をしようとすると」←これを押しちゃう(´・ω・`)

ここだけ不満(ってほど大げさじゃないけど)ですが、概ね満足です。

持ち運びが楽

本体重量900グラムとのことで、持ち運びも余裕です。

リビング、自室、寝室と場所を何度も移動しながら使っています。家の中だから当然っちゃ当然ですが、なんの不便もなし。

また、10.1インチというサイズ感がやはり絶妙です。「大きすぎず小さすぎない」ってのは、僕にとってはこのサイズなのかなぁと。

普段会社にはトートバッグを持って通っているのですが、手持ちのバッグにもすんなり入る。場所もそこまで取らない。

それと、ちょっと話がずれるんですが

今、これ(人をダメにするソファ)に体を預けながら記事を書いてるんですが、これがもう快適すぎてヤバイです。どんどん堕落していく。

これも、C101PAの軽さ・絶妙なサイズから生まれるメリットかなぁ。

安い(5万円以下)

冒頭でも触れましたが、僕が購入した金額は

  1. ヨドバシカメラにて店頭価格42670円
  2. ポイントが4267ポイント付く
  3. 差し引き38403円
  4. 手持ちポイント使用により実質34000円ほどで買えた

という訳で、文句なしの満足度です。コストパフォーマンスで言えばぶっちぎりで高いと感じています。

ネットでの評判を見ると、ASUSはサポートも良さそうですし、今後長く使っていくことを考えると、信じられないパフォーマンスを発揮するのでは…と期待しています。

実際にC101PA実機に触れて気がついた点

オンラインストレージにローカル感覚でアクセスできる

さらっと書いたけど、これめちゃくちゃ感動したよ。

Chromebookを新規に購入すると、Google Driveが100GB追加で使えるようになるんですが、アクセスが早い早い。

ChromeOSがそのように最適化されているのか、そういう技術的なことは分からんのですが、もうローカルドライブにアクセスする感覚でオンラインストレージにアクセスできる。

本体容量は16GBとかなり控えめなんですが、Google Driveを含めれば130GBくらいになります。唯一の難点といっても良かった点が、見事に解決されています。

iPhoneで撮影した写真をそのままGoogle Driveに送り、そのままはてなのエディタでアップロード出来るのが快適で仕方ないです。

トラックパッド操作に慣れが必要

恥ずかしながら、トラックパッド操作のデバイスを使うのは初めてです。

事前に操作法を軽く調べてから触り始めたのですが、やはり戸惑いがあります。

ただ、一日触ってたらある程度は慣れてきました。二本指でのスクロールは想像してた以上に快適です。

一つ難点を上げると、コピーアンドペーストが絶望的にやりにくいってのがあります。トラックパッドを強く押し込んでから、押し込みをキープしたまま指をスライド。控えめに言ってやりにくい。

マウスを使うってのも少し違う気がするんで、ここは特訓が必要かなと思います。

総括

こんな感じで、今日一日Chromebook Flip C101PAを触ってみた使用感をまとめてみました。一日目なもんで、まだ気付いていない良いところや微妙なところもあるでしょう。今後使っていくことで、その辺に気付いて行ければよいかなと思います。

今回べた褒めをしていますが、あくまで僕の使用目的の場合の評価になります。万人におすすめできるものではないと思います。ただ、その分自分の目的と合致したときは動作・価格・コスパの面で凄まじいパフォーマンスを発揮するはずです。

さしあたって、初日の感想としては以上になります。このマシンとは長い付き合いになりそうですんで、後々レビュー記事は書き足すことになると思います。1ヶ月、3ヶ月、半年、一年使った感想、とかね。

という訳で、今日の記事はこれでおしまいです。初めてChromebookを触ったので、「何言ってんだこいつ」的な表現もあるかと思いますが、Chromebook警察の方々には見逃していただければ幸いです。

最後までお付き合いありがとうございました。

追記

一ヶ月使い倒して、感想を書きました。

www.tenbin-libra.com




関連コンテンツ



-ガジェット

Copyright© エレキ宇宙船 , 2018 All Rights Reserved.