エレキ宇宙船

生活を少しだけ楽しくする情報発信ブログ

【民族音楽】ZABADAKの名曲をおすすめしてみる【プログレ】

スポンサーリンク

こんばんは、天秤です。

今日は、僕の大好きなZABADAKをおすすめしていこうと思います。

昨年の2016年7月3日、リーダーの吉良知彦さんが亡くなりました。その追悼の意味も込めて、ZABADAKの美しい曲をおすすめしていこうと思います。

民族音楽調の楽曲が好きな人は、間違いなくハマると思うので是非聴いてみてください。

ZABADAK(ザバダック)は、日本のロックユニット。 1985年、吉良知彦・上野洋子・松田克志の3人で結成し、翌1986年に東芝EMIよりLPレコード『ZABADAK-I』でデビューした。1993年以降は吉良によるソロユニットとして活動し、2011年3月、小峰公子が正式メンバーとして加入して二人組ユニットとなった[2][3]。2016年7月に吉良が死去して以降は、小峰とサポートメンバーにより活動を続けている。

ZABADAK - Wikipedia

 

満ち潮の夜

www.youtube.com

個人的に、ZABADAKと言えばこの曲!ってくらい印象の強い曲です。

ロシア民謡のようなメロディと、キャッチーなサビ、民族音楽を意識した演奏とZABADAKのもつ素晴らしさが全部詰め込まれています。ボーカルの上野さんの声も透き通って美しい。猛烈にオススメの曲です。

夜毎、神話がたどりつくところ

www.youtube.com

吉良さんがボーカルの曲で、タイトルに恥じない、神秘的な曲です。

初期のZABADAKは、民族音楽のような曲がとても多く、聞いていると不思議な懐かしさと物悲しさがあって、心を揺さぶってきます。歌詞も深く考えさせられる内容です。

POLAND

www.youtube.com

インスト曲です。

ライブの映像が貼り付けたのは、演奏技術の高さを知って欲しかったのと、吉良さんがとても元気にコーラスしているのを見たかったからです。

この曲はリコーダーをメインに扱ってます。リコーダーの底力を見れますんで、是非聴いてみて下さい!

砂煙のまち

www.youtube.com

最初期ZABADAKの曲です。

優しい曲や綺麗な曲が多いZABADAKには珍しく、暗く物悲しいメロディーと退廃的な歌詞です。それを美しく歌い上げる上野さんの歌唱力が光る名曲なのでぜひ。

遠い音楽

www.youtube.com

僕はあまり詳しくないのですが、アイドルマスターでカヴァーされていたらしいため、1番知名度が高い曲かも知れません。

ハープの柔らかい音色と上野さんの綺麗な声、優しいメロディーと歌詞が最高です。Bメロの吉良さんのハモリがまた温かい声で泣けちゃう。

お願いなんでこの曲だけでも聴いて帰ってください!

Harvest Rain(豊穣の雨)

www.youtube.com

とてもケルティックな雰囲気を持つ、初期ZABADAKの代表曲とも言える曲です。

本当ZABADAKが好きすぎて、「凄い」「綺麗」「美しい」って言葉しか並べられないのが悲しいけど、とにかく聴いてみてください!

Psi-trailing

www.youtube.com

アルバム「桜」から、Psi-trailingを。この曲は作詞が新居昭乃さんで、静かな冬の森のような美しい曲です。

吉良さんの作曲能力は、民族音楽的なガチャガチャしたような曲から、こういう透き通ったメロディ、コテコテのプログレと、音楽的なバックボーンの広さが伝わる凄まじいものだと思います。

北極をさがしに

www.youtube.com

上野洋子さんが脱退後、ゲストボーカルとして高井萌さんを迎えて製作された「はちみつ白書」からです。

このアルバムはくまのプーさんをテーマに製作されており、この曲はクリストファー・ロビンが北極を探しにいくエピソードがテーマになっています。原作を知っていると、より楽しめる曲なので、よろしければ是非。

かえりみち

www.youtube.com

多くは語りません、歌詞を引用します。

帰りたいな 帰るよ 帰れない

遊び疲れて 眠った日に

いつまでも

いつまでも 手をのばす

行きつくことない あの頃へ

この歌詞を見て、心になにか響くものがあれば聴いてみてください。

五つの橋

www.youtube.com

上野洋子さんが作曲をした珍しい曲です。

とにかくイントロからAメロBメロサビ間奏、すべての面で「民族音楽」感がぶっちぎりで高い曲です。歌詞も切なく、メロディとこの上なく合っています。

「あの男はもういない」という歌詞が、今は悲しいですね。

にじ・そら・ほし・せかい

www.youtube.com

吉良さんの奥さんでもある、小峰公子さんがボーカルをとっている名曲です。

凛としていながらも暖かさのある声と、涙腺をガンガンに揺さぶってくるメロディが組み合わさって、涙が止まらなくなる危険性があります。

僕は知らなかったんですが、この曲はNHK教育の「おかあさんといっしょ」で歌われていたそうです。この曲を聴いて育った世代の子が羨ましいなって思ってしまいました。

総括

えーと。すんませんまだ書き足りないです。

ZABADAKが好きすぎて収拾がつかなくなったんで、泣く泣く11曲でまとめたんですけど、もっと紹介したい名曲があるんですよね……休まない翼とか生まれた街へとかわにのゆめとか、本当に名曲ばっかりなんですもん。

惜しむらくは僕の語彙力の低さのせいで、ZABADAKが持つ魅力をフルに伝えきれていないことです。なもんで、また時間をみつけてこの記事は加筆修正をしていこうと思います。

最後に、

絶対に聴いて損はさせないので、少しでも興味を持って頂けたなら、聴いてみてください。お願いします!

 

 

スポンサーリンク