エレキ宇宙船

浪漫を感じるモノ・ことのブログ

【読書感想】筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方

スポンサーリンク

お腹周りが気になり始めたのと、レスラーみたいなデカい身体になりたくて筋トレをしています。

目標がデカすぎるんで中々達成は出来ませんが、日々少しづつ変わっていく身体を見て、ニヤニヤして家族に気持ち悪がられたりしています。

 

で、日頃考えているのが「脂肪だけを落として筋肉を付けたい」ってことです。

肉体のメカニズム上無茶な注文だってことは理解しているんですが、なんとか出来ないかなぁと考えていたら、面白い本を見つけたので買って読んでみました。

身体を変えたい人に読んで欲しい本

ダイエット=体重を減らす

だと思っている人は、絶対に読むべき!読まないと身体を壊すかも知れんぞ!

 

だったら何なんだよ!と思ったあなた。答えは、ダイエットとは身体についた無駄な脂肪を減らすこと、これが正解です。あ、偉そうに答えたけど受け売りです。

ダイエットに限らず、筋肉をガンガンつけてとにかくデカくなりたい人、スポーツで記録を伸ばすためにトレーニングをする人。

そんな人たちみんなに読んで欲しい本です。

筋肉は落とさずに余計な脂肪だけを落とす

例えばちょっと前に流行った「朝バナナダイエット」。朝食をバナナに置き換えるという気軽さから、結構流行りましたよね。

この朝バナナダイエットで痩せた場合、どうなるかと言うと。

一時的に落ちる体重と引き換えに、太りやすく痩せにくい身体になります。

 

具体的なメカニズムは

  1. 必要な栄養が食事から確保できない
  2. 筋肉を分解して栄養を確保
  3. 脂肪も落ちるが筋肉が失われる
  4. 体重は落ちるが筋肉も落ちる
  5. 基礎代謝が下がり、痩せにくく太りやすい身体の出来上がり

こうなります。

そうならないために、カロリーを制限しつつ、必要な栄養を満たして身体を変えていく「マクロ管理法」を勉強する必要があるのです。

マクロ管理法とは

無駄な脂肪だけを落とすには

「摂取カロリー<消費カロリー」であれば痩せ、

「摂取カロリー>消費カロリー」であれば太り、

「摂取カロリー=消費カロリー」であれば維持。

という非常にシンプルな原則である。

(筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方 19ページより引用)

まずはこの基本を押さえるのが大事です。その上で

あなたの性別・身長・体重・年齢・活動量から1日に摂取すべきカロリーとマクロバランスを導き出し、それに沿って食べるだけの、極めてシンプルな食事の仕方、それがマクロ管理法です。

具体例

  • 30歳男性
  • 身長175cm
  • 体重75kg

この場合、基礎代謝は1698.75kcalになります。

最低限このくらいは何もしないで消費されるカロリーです。

 

続いて、もう一つ設定を追加します。

  • 仕事はデスクワーク。身体を動かす作業は殆ど無し

この場合、活動量が低いということになるので、目的に合わせて以下3つに分類されます。

  • 脂肪を減らしたい(減量)=総摂取カロリーは1631kcal
  • 体型を維持したい(維持)=総摂取カロリーは2039kcal
  • 筋肉を増やしたい(増量)=総摂取カロリーは2446kcal

これらの総摂取カロリーの中で、タンパク質・脂質・炭水化物をバランス良く取ることで、それぞれの目的を達成するための道筋になります。

減量の場合

さらに例として、上記サンプルケースの場合で減量を目的とした場合のマクロバランスを挙げてみます。

  • 1日に摂取するタンパク質:150g
  • 1日に摂取する脂質:45g
  • 1日に摂取する炭水化物:156g

この摂取バランスが、筋肉を落とさずに無駄な脂肪だけを落とせる指標です。

総摂取カロリーの中から、まずは筋肉を維持するためのタンパク質を確保。続いて身体の機能を維持するための脂質を割合で導き出し、余った分を炭水化物に当てる計算です。

詳細な計算式は、本書の中にありますのでぜひ手にとって計算してみて下さい。

巻末付録 最強の筋トレめしレシピが超便利

見出しタイトルの通りなんですが、巻末にとても美味しそうな料理とレシピがあります。

あくまで付録なのでレシピの数は多くありませんが、目的別で

  • 炭水化物が食べたいとき
  • 肉が食べたいとき
  • 低カロリーでボリュームがあるものを食べたいとき
  • 鶏むね肉のレシピ
  • 間食用レシピ
  • スイーツレシピ

と、様々な用途に合わせて使うことができます。

和風ツナおろしパスタ

和風ツナおろしパスタ

材料・作り方だけでなくタンパク質・脂質・炭水化物のマクロバランスも明記されているため、実用性が高いです。

この巻末で紹介されているレシピを使えば、わりと簡単にマクロバランスの取れた献立を考えられるのが大きいメリットです。

総括

以上、「筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方」の感想・レビューでした。

本書は

  • Chapter1で、テレビなどで取り上げられるダイエットの嘘を暴き、大原則を提示
  • Chapter2で、マクロ管理法の詳細を説明
  • Chapter3にて、具体的に何を食べれば良いのか・プロテインのメリット・アルコールのデメリットなどを掘り下げ
  • Chapter4で、さらなる効率の良い「食べ方」の知識を紹介

と、シンプルで分かりやすく書かれています。

実際、僕はマクロ管理法についてキチンと調べるのは始めてでしたが、難しい部分は噛み砕いて説明されているため、すんなり内容を飲み込むことが出来ました。

 

この本で得られる知識は一生モノと、著者も語っています。

理にかなったシンプルかつ確実な食事方法で、減量だけでなく増量、所謂バルクアップにも応用出来る素晴らしい知識です。

立派なレスラー体型になるため、今日もデッドリフトをしてきます。脊柱起立筋にキッチリ効かせたいんだ……

 

こんな感じで感想を終わります。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

こんな記事も書いてます

www.tenbin-libra.com