エレキ宇宙船

生活を少しだけ楽しくする情報発信ブログ

【読書感想】人気ブログの作り方 5ヶ月で45万PVを突破したブログ運営術/かん吉著

スポンサーリンク

こんばんは、人気ブログを作りたい天秤です。

ブログ、楽しいけれど難しいですよね。毎日あれこれ試しながら、少しずつ前進しています。

やっぱりブログを書く以上、もっと読まれたい!って気持ちは出てくると思うんですよ。「書くことが目的だから読まれなくてもいい」って考えだったら、ノートにでも書いてると思いますし。

 

そんな訳で、やっぱ書く以上は読まれたい僕は、いつもお世話になっている

www.wakatta-blog.com

わかったブログ管理人、かん吉さんの著書を手にとって、人気ブログの作り方を勉強するのでした。

率直な感想

まずは、読み終えてからの率直な感想です。

すっごいやる気でました。

かん吉さんの読みやすく丁寧な文章、熱いメッセージにより、「とにかくやる!」って気持ちにさせられます。

頭の中で考えているだけだったら、それはずっと考えのまま、0のままです。しかし、実際に自分が動き出せれば、それは1になる訳で。少しでも動きだすベクトルが発生すれば、加速は容易いですもんね。

何も考えずに動き出すのは考えものですが、明確な目標があるなら、まずは走り出してみるのも大事。

 

良かったところ

ブログでアフィリエイトをやってはいけない理由

私はブログでアフィリエイトを積極的にしない派です。とはいっても、ブログでアフィリエイトをすること自体は否定していません。

 

ブログを始めてすぐにアフィリエイト広告を掲載することに対しては「ちょっと待った!」と言いたいのです。

僕を含め、ブログを始める人は、多かれ少なかれ収益を出したいって考えがあると思います。お金を稼ぐことが目的でブログを始めるのも、僕は肯定派です。なんだかんだでお金はモチベーションの原動力として強いですもんね。

それに対して、かん吉さんは警鐘を鳴らしています。アフィリエイトを否定しないという立場から、アドバイスしてくれてるんですね。

アフィリエイトは「今すでにファンが付いていて、ある程度のアクセスがあるブログ」に導入するものです。新しくブログを立ち上げて、一記事目からアフィ入り記事を書いているブログは、見向きもされないでしょう。

心から同意しちゃいました。実際、僕が今アフィリンク大量の記事を書いたとして、それを買うか?ってなると。絶対買わねえわ。ブログの記事数が50に満たない、そもそもプロフィールが簡素(これは理由があるけど)、何の実績もない。

つまり、アフィリエイトをするなら、そういう部分を解消してからやるべき、って伝えてくれています。

当たり前のことなのかもしれませんが、僕みたいな駆け出しブロガーにはとてもありがたいメッセージでした。

※著書の中で、かん吉さんは

書評記事に貼るアマゾンアソシエイト(書籍のカバーを表示するため)とアドセンス(勝手に表示されるため、純粋な「広告」といえる)といった、世間一般的に認められているブログ上のアフィリエイトのみ利用しています。

と仰られているので、倣って僕もアマゾンアソシエイトとアドセンスを入れています。

 

ブログを成長させるには、成長レベルに合わせた施策が必要だという話

ブログ成長論には色々な意見があります。

  • ソーシャルを駆使する
  • ただ粛々と続ければよい
  • 記事タイトルにはキーワードをいれる
  • 一目見て先を読みたくなるようなタイトルをつける

……などなど。これらはすべて正解です。

 

実は、ブログの成長レベルに応じて、有効な施策は変わってくるのです。成長期と成熟期ではまったく逆の施策が有効だったりします。

成長期どころか、まだオムツもはずれていないこのブログにとっては、まだ早いかもしれません。しかし、僕はこのブログを長期的に伸ばしていきたいので、先のことを考えるうえでこの項はとても勉強になりました。

野球を始めたばかりの子供に、いきなり変化球の投げ方を教えても意味がありません。まずは、グローブとボールとバットに触れさせて、簡単なルールを教えて、そこからがスタートになります。

  • 読者は一気に増やせ
  • 収益化は十分PV数が増えてから
  • 記事タイトルはイメージ重視で
  • PV数の伸びが鈍くなって来たら
  • ブログ以外の活動へ
  • さらに先へ

このように実際にとるべき行動や対策を、項目立てて丁寧に説明されています。

さしあたって当ブログに必要なところは「読者は一気に増やせ」ですね。のっけからハードル高いけど頑張るよ!

 

ここちょっと…と思ったところ

具体的なテクニック部分が弱い

この手の本を手にとるときは、所謂「集客テクニック」的な部分を知りたいから、って人は多いと思います。

かん吉さんは意図的にそういうテクニックを書かなかったのではないでしょうか。

人気ブログを作るには、小手先のテクニックよりも読者第一で記事を書き続けること。

おそらくかん吉さんが伝えたいのはこの部分で、小技をいくら増やしたところで、肝心の記事が少ない、つまらなければ何の意味も無いから、内容を偏らせたんだと思います。

実際、そういうテクニックを知りたければ、かん吉さんの別著書

 こっちを読むべきでしょう。僕はまだ未読ですが、そういったところを考える段階になったら読むつもりです。

 

総括

とにかく熱く、真摯にブログと向き合おうと考えさせられる、素敵な本でした。

この本を読んだ時期は、更新することが目的というか、変な義務感に苛まれていた時期だったので、読み終わったあとは視界がひらけた気分でした。

僕と同じように、ブログを始めたばかりで右も左も分からないような方は、読むべき本だと思います。入り込んだばかりのブログの世界で、明確な進むべき指針をしめしてもらえるので!