エレキ宇宙船

浪漫を感じるモノ・ことのブログ

モンハンワールド(MHW)が楽しみすぎて高まってきた件

スポンサーリンク

いよいよ明日、平成30年1月26日はモンハンワールドの発売日です。

ダウンロード版を購入する方は日付が変わると同時に遊べるのかな?羨ましい!そんな僕はヨドバシ・ドット・コムでパッケージを購入したので、当日のソフト到着待機です。

で、タイトルの通り楽しみ過ぎて色々と高まったので記事にしときます。

MH2ドスをぶん投げた

僕のモンハンデビューはMH2でした。ドス。

当時働いていた某ディーラーの同僚とプレイしようぜ!ってことで一緒に購入したのですが、2人揃ってダイミョウザザミが倒せずぶん投げました。

敗因は、2人ともドスがデビュー作だったことだと思います。モンハンは身近にメンターがいないと難易度が跳ね上がると思うんだ。

多分、ドスの総プレイ時間は10時間もなかったと思います。

MHP2Gを3000時間プレイする

それからしばらく「モンハン?やらん!」とアンチモンハン勢でした。

が、当時行きつけだったバーで仲良くなったチャラい兄ちゃん(以後、トシロウ)に「一緒にモンハンやろうよー!」とゴネられ、PSPごと購入することになりました。

ちなみにトシロウは超モンハン廃人。初代モンハン、MHP、MH2など、その時点でのシリーズ合計プレイ時間は一万時間近いと豪語しておりました。本当なのかは知らんけど、トシロウは僕の良きメンターになってくれました。

結果的に僕も廃人になり、最初のキャラで1200時間、セカンドキャラで1800時間プレイしましたとさ。

 

以下、トシロウの教えです。

殴りすぎると死ぬ

モンハンの基礎だと思います。10回攻撃するチャンスがあったとしたら、3回殴って様子見をしろと言われました。

で、モンスターの動きを見ながら攻撃を3回から徐々に増やすと。

初めは「何言ってんだコイツ」と思ってましたが、ティガレックスとの戦いで教えが正しいことを学びました。

寄生には剥ぎ取らせるな

基本的に人懐っこくていいヤツなトシロウですが、寄生プレイだけは許しませんでした。

G級を解放したばかりで、上位装備で困っている僕のクエストを手伝ってはくれるのですが、トシロウ基準の貢献ラインを下回った場合は、剥ぎ取りをさせてくれませんでした。スキをみて剥ぎ取ろうとしても、大剣でホームランにされたりランスで突進されたりです。

トシロウ曰く「自力でG級クリア出来る力の無いやつにG級装備は渡せない」らしく、僕はきちんとトライ・アンド・エラーを繰り返し、攻略出来るようになりました。

恐らく、自分の頭で考えて、練習して、そしてクリアする喜びを教えたかったのだと思います。

MHP3以来のモンハン

そんな感じで一級廃人になった僕は、リアル集会所に行ったりモンハンバーに通ったりするようになりました。

しかし真面目にプレイしたのはMHP3が最後です。ハプルボッカがウザすぎてそれ以降はあまりプレイしなくなってしまいました。

4Gも買ったんですが、3DSでのプレイがしっくりこなくて遠ざかりました。

ただ、なぜかMHWだけは惹かれてしまいました。なぜなのか!

オープンワールドのモンハン

もう、これに尽きます。

ゼルダの伝説BOWでオープンワールドゲーの素晴らしさに目覚め、こんな感じのシームレスに広い世界でモンハンが出来ちゃうの・・・?なんて考えたらいても立ってもいられなくなりましたよ僕は。

だだっ広いフィールドで、遠くでいなないているクック先生を見つけたり、ナルガクルガと遊んでるところに、イビルジョーが迫ってくる…ああ、たまらんな!

僕みたいに、旧作でモンハンを退役したけど今作で復帰するって方も多いのではないでしょうか。

一緒に遊ぼうよ

そんな訳で、高まりすぎて仕方ない僕です。

一応プレイは

  • 近接武器=ランス
  • 遠隔武器=弓

この2つメインで遊ぶつもりです。場合によっては片手剣も使うかも。過去シリーズでは全部の武器でG級ソロクリアは出来るくらいにはやりこみました。他の武器も一通り使える(はず)です。

趣味は麻痺でビクンビクンさせたり、毒でヘロヘロにさせることです。自称マルチで輝くタイプです。

えー、僕はー、みんなとも歳が近いしー、集会所で支援係が欲しい人は気軽に声をかけてくれよな!(小学校の教育実習生の挨拶みたいなノリ)

最後に

高まりすぎて、こんなん書いちゃったよ。

早い人は今日の24時からDL出来るんだよなーいいなー、やっぱDL版にすれば良かったかなー。

まあ明日も明後日も仕事なので、仮にDL版買っても今日明日はあまりプレイ出来ないと思う!だからパッケージ版で正解なんだ!泣いてなどいない!

 

こんな感じで、ガノトトスの理不尽なタックルが楽しみで仕方ない僕のお話でした。あー早くデッドリィタバルジンつくりたーい。