エレキ宇宙船

浪漫を感じるモノ・ことのブログ

格安SIMのリンクスメイト(LinksMate)へauから乗り換えを決めた理由

スポンサーリンク

10年以上auの携帯電話を使っていますが、どう考えても大手キャリアの携帯代金は高いので、近日中に格安シムへの乗り換えをする予定です。

※2018年2月23日追記 乗り換えました。

リンクスメイト(LinksMate)の申込手順・AUから乗り換え・所要日数・注意点まとめ

 

以前から格安SIMへの乗り換えは考えていたのですが、現在格安SIMの会社はかなり多く、どこの会社にも一長一短のメリット・デメリットがあります。

そんな中で、個人的にほぼデメリットが気にならない格安SIMキャリアを見つけました。それが、タイトルにもしたリンクスメイト(LinksMate)です。

※やや長文のエントリですので、必要に応じて目次をご利用下さい。

リンクスメイトとは

リンクスメイトは、株式会社LogicLinksが提供するMVNOサービスの名称です。

500円から始められるゲームプレイヤーのためのSIMカードとして人気を博しています。

画像タップで公式サイトに飛びます。

auからリンクスメイトに乗り換えを決めた6つの理由

1.毎月の料金が約半分になる

現在僕が利用しているauの料金プランは、

  • 5分以内の通話かけ放題
  • データ定額20GB
  • テザリングオプション(無料)

この3つです。直近の請求を確認したところ、約9500円でした。

僕は音声通話をあまり使わないのですが、データ定額20GBのプランに加入するにはかけ放題への加入が必須と言われ渋々利用しています。

3月以降はテザリングオプションが有料(月1050円)になるため、さらに金額は高くなります。

同じような条件でリンクスメイトでシミュレーションすると

  • データ通信20GB:月額4200円
  • 音声通話:月額600円
  • テザリングはオプション不要で利用可能

合計、4800円と約半額に収まります。金額の面では、auで利用を続けるメリットがほぼ見当たらなくなります。

2.ドコモの回線を使用

携帯電話を使う上で、やはり繋がらないのは大きな問題です。

リンクスメイトはNTTドコモの回線を利用しているサービスなので、サービス網の広さには不安はありません。

格安SIMの価格でドコモの回線を使用できるのは大きなメリットと考えました。

3.回線速度が早い

格安SIMの情報を調べていると、様々なキャリアで共通していた問題点が昼の時間帯に回線速度が極端に低下するという問題でした。

某大手格安SIM会社の場合は、昼に下り1Mbpsを下回るという場合もある、との情報も見つけました。

この問題に対してリンクスメイトは

  • 設備増強
  • 代表、春田氏の実測・レポート

この2つの施策を行っており、通信速度に対する不安は払拭されました。

設備増強の実施

直近ですと2018年1月29日に行っています。それ以前にも結構な頻度で増強工事を行っていて、快適なサービスを提供しようという姿勢が感じられます。

代表の春田康一氏による実測・レポート

リンクスメイトの提供会社、株式会社LogicLinksの代表取締役、春田康一氏が日々細やかにTwitterで報告をしています。

代表自らこういったきめ細かい対応をしてくれているのは、見ていて嬉しいものがあります。

これらの点から、回線速度への不安がなくなりました。

4.電話番号そのままで10分間かけ放題オプションがある

自分はあまり音声通話をしないのですが、妻が音声通話をよく使います。

そのため、格安SIMへの乗り換えに当たってかけ放題オプションは必須でした。

大手キャリアの場合は煩雑な手続きは不要で、電話番号そのままでかけ放題に出来たのですが、やはり毎月の料金が高い。

格安SIMの場合は、IP電話経由でのかけ放題になるケースが多いようで

  • 通話品質が低下
  • 電話番号が別になる場合は家族や友人への事前連絡が必要

と、デメリットが大きいです。

 

しかし、リンクスメイトが2018年2月1日からスタートしたMatePhone・10分かけ放題サービスの場合ですと

  • 電話番号はそのまま
  • 専用のアプリをインストールするだけ
  • 電話帳もそのまま使用可能

このように、メリットのほうが上回る形で利用出来ると感じました。

月額850円と、やや高い気もしますが大手キャリアに比べれば半額以下ですので許容範囲です。

 

また、このMatePhoneというサービスは、10分かけ放題のオプションを使わなくても利用出来ます。簡単に言うと

アプリをインストールして、そこから通話をするだけで通話料が半額になるというサービスです。手続き不要ですぐに使えるサービスなので、明らかにユーザー側のメリットが大きいサービスでしょう。

5.通信量を90%カットするカウントフリーオプション

月額500円で対象となるSNS・ゲーム・コンテンツの通信量を90%カットするという、破格のサービスです。

対象のコンテンツはかなり数が多いので、主要な部分だけ抜粋しますと

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • グランブルーファンタジー
  • シャドウバース
  • 刀剣乱舞-ONLINE-Pocket
  • プリンセスコネクト
  • AbemaTV
  • AWA

など、人気のコンテンツが多数。詳しくは公式サイトにてご確認ください。

6.ゲームと連携した特典が破格

f:id:tenbin_libra:20180216112257j:plain

リンクスメイトはサイゲームス系列の会社のため、グラブルユーザーにとって破格の特典があります。

僕と妻は2人でかれこれ2年半くらいグラブルをプレイしています。正直この特典に惹かれた部分も大きいです。

プレーヤー以外には分からない話なので簡単に説明しますが

  • 限定キャラが手に入る
  • 毎月課金アイテム・ガチャチケットが貰える
  • 10GB位上のプランの場合はさらにお得に

特に破格なのが、10GB以上のプランで毎月貰えるスターというトークンです。

このスターを6つ集めると、課金キャラを含む全キャラクター・武器と交換できるチケットが貰えます。限定キャラなども含むため、このチケットの価値を現金化した場合は120万円の価値があるとも言われています(※あくまでゲーム内の話です)。 

総括

上記の6つの理由から、今回リンクスメイトへの乗り換えを決めました。

20日頃を目安にauからMNPにて申し込む予定です。 

また、リンクスメイトは1GBからのプランもあるため、子供がもう少し大きくなったら見守り携帯から子供用スマホに変更予定です。子供はゲームに殆どの通信を費やすので、カウントフリーオプションがあれば1GBのプランでも充分との考えです。

まとめると

  • 他の格安SIMと比べても安いほう
  • 回線品質や速度など全体的な評判が高い
  • ゲーマー向けの特典が破格
  • 子供に持たせるにもおすすめのSIM

このように、かなりお得に使える格安SIMです。

我が家のような親も子供もゲーム好きな家庭には最高の格安SIMではないでしょうか。

 

公式サイトはこちら