エレキ宇宙船

生活を少しだけ楽しくする情報発信ブログ

ぼっち博士とロボット少女の絶望的ユートピアを読んだらほろっと泣けた

スポンサーリンク

こんばんは、天秤です。

以前ジンメンを読むために、サンデーうぇぶりのアプリをインストールしたんですが、また気に入った漫画を見つけました。

 

キャプチャ画像がコレです。

f:id:tenbin_libra:20170901144333p:image

ぐでぐで仕方が可愛い。

 よく見かける、萌えキャラに毒を吐かせて、シュール気取りしてるギャグ漫画かと思ったんですが、そんなことはなかった。

とりあえず、ネタバレにならない程度に語ってみます。

 

滅びた世界

あらすじにも書かれてるけど、世界、もう滅んでます。第1話で完膚なきまでに滅んでます。

f:id:tenbin_libra:20170901145106j:image

実際にどんな風に滅んでるかは、分かっててもショッキングな展開なんで、出来れば自分で読んでみてください。

滅びた世界で

滅びた後の世界で、さぞかし物悲しげな日々を過ごすんだろうな…なんて考えると、そんなことはない。

無口な博士とロボット少女が、のほほんと日常を過ごします。

f:id:tenbin_libra:20170901150047p:image

博士が可愛い。

ロボット少女が「◯◯とは何ですか?」→博士、無言でボケる→ロボット少女ツッコミ

だいたいこのパターン。

この何気無い日常的なシーンが、後々効いてくるんですよ。

博士の境遇

無口で毎回ボケ倒しては、辛辣なツッコミを一身に受ける博士ですが、実はかなり辛い立場です。

たった一人、生き残ってしまう辛さ。

この辛さはちょっと想像がつかないな。

 

そんな辛い立場のはずなのに、ロボット少女には底抜けに優しい。友達であり、父であり、兄でもあるような優しさ。その優しさが、切なくなってくる。

伏線が張られてるけど、あえてキャプチャをば。

f:id:tenbin_libra:20170901151705p:image

もう、泣けてくる展開しか見えない。

キャラの掘り下げ

博士の過去エピソードがちょいちょい描かれるんですけど、これ読むと博士ってとてもいいヤツだって分かるんですよね。

f:id:tenbin_libra:20170901152041p:image

f:id:tenbin_libra:20170901152001p:image

第3話の導入部分です。

なんとなくこの後の展開は読めると思うけど、大体そんな感じです。

第3話までは無料で読める(てか時間経過でたまるポイントがあれば全部無料で読める)ので、お時間ある方は読んでみてください。

優しくて悲しい

すでに滅びた世界、ロボット。あれ?どこかで読んだことあるよ?って思ったら、ヨコハマ買い出し紀行でした。

滅んでしまった世界で、ゆるゆると生きる二人は、微笑ましくも物悲しい。いつか訪れる終わりを知らないロボット少女のこれからが、とても気になります。

悲しくなりそうな伏線が張られてるけど、出来ればこの二人には幸せになって欲しいなぁ。

そんな気持ちにさせられる漫画です。

総括

老人と子供とか、優しい飼い主と忠犬、とかそういう組み合わせの物語が好きな人にオススメです。

この手の話で涙腺にクるのは、歳をとった証拠かなァ…なんて考えながら、今日のブログおしまい。

 

 

 

スポンサーリンク