エレキ宇宙船

生活を少しだけ楽しくする情報発信ブログ

本棚買うならスライド式がおすすめ。3年使ってみた感想を語る。

スポンサーリンク

f:id:tenbin_libra:20170910122120j:plain

こんばんは、天秤です。

 

最初から本題なんだけど、本って想像してる3倍くらい場所取るじゃないですか。漫画や書籍を集めるのが好きなせいで、結構場所とってます。

本を収納するとなると、やっぱ本棚ですよね。で、本棚を買うならスライド式の本棚が便利でいいよって話です。

実際に自分で使ってみて3年経ったので、レビューめいたものを書いてみますね。興味があったら読んでいってください。

実際に僕が使っている本棚

これです。3年前に、近所のビバホームで買いました。店頭価格だと12000円くらいしたんで、Amazonのほうが安いですね。少しだけだけど。

メーカーはお手頃家具の大手、山善です。山善の家具はハズレが少ない(気がする)ので、コスパはかなり高いメーカーだと思います。

そんじゃ、ざっくり商品の特徴やメリット・デメリットを語っていきますね。

スライド式本棚のメリット

収納容量が多い

これが1番のメリットです。一般的な本棚と同じくらいのサイズで、倍以上の本を収納できます。

ウチの場合だと、奥側に約240冊、スライド棚にそれぞれ60冊×2で、概算で360冊くらい収納されています。

通常の漫画と愛蔵版、大判コミック、ビジネス書や文庫本混在でこの量なんで、収納量には多少のバラツキがあります。目安として考えてもらえれば。

 一応、公式だと

  • コミック368冊
  • 文庫本424冊
  • 大型コミック328冊

とデータが出てます。

奥側の本も取り出しやすい

普通のカラーボックスに、漫画を前列・後列で収納したことがある方も多いと思います。やったことあれば分かるんですが、あれ奥側の本を取り出すのが面倒なんですよね。前列の漫画を数冊取り出して、その隙間から後列の読みたい本を抜き出す。

毎回これをやると、本は痛む・面倒くさいしで、最終的に本を片付けなくなってしまいます(体験談)。

スライド式の本棚だと、棚そのものが左右に動かせるんで、取り出し・収納どちらも楽に出来ます。

棚の高さを自在に変えられる

この本棚は組み立て式なので、自分が使いやすいようにある程度調整が効きます。

ゲームの攻略本なんかは無駄に背が高かったりして、棚によっては収納出来なかったりしますが、この本棚ならその心配はありません。

調整方法も、自分が収納したい本の高さに合わせてダボを入れ、その上に板を置くだけです。

 

f:id:tenbin_libra:20170910110034j:plain

スライド式本棚_棚調整

参考までに、ダボをはめ込んでる画像です。左右の高さを揃えて、この上に板を置くだけです。関係ないけど、画像に写り込んでる大判コミックはArmsです。 

 

棚の高さを自由に変えられるメリットはこれだけでなく、CDやDVD、3DSのソフトなんかも綺麗に収納できます。本だけに限定されずに、高さを合わせられるのは地味だけどメリットデカいですよ。

スライド式本棚のデメリット

とにかく重い

単純に考えて収納スペースが4つあるため、普通の本棚の4倍くらい重いです。

一度設置したら絶対動かさない!って心構えなら気にならないんですけど、頻繁に模様替えをする方は地味にキツイです。

僕は腰に爆弾を抱えているので、家族が大規模な模様替えを計画するたびに、ヒヤヒヤしながらこの本棚を動かしています。

移動にあたって、中の本を抜き出すのも手間ですね。これは沢山収納できるメリットの裏返しでもありますが。

公式には重量24.5kgとのことです。重いわ!

組み立てが面倒

組み立て家具だから仕方ないんですけど、面倒くさいです。しかも結構疲れます。

僕はこの本棚、自宅用と会社用の計2回組み立ててます。

一回目は自宅で、ドライバー一本で組み立てました。1時間以上かかりました。

スライド式ってことで、他の本棚には無いギミックがあるんで仕方ないですが、普通の本棚よりも組み立ては面倒です。

2回目は会社で電動ドライバーを使って組み立てました。

電動ドライバーがあれば、かなり素早く組み上がるので、特に理由が無ければ電動ドライバーの使用を勧めます。安いので十分なので。

家具の組み立てくらいなら、こういう安い電動ドライバーで十分です。一本あると便利ですよ!

本を入れすぎるとスライドしにくい

レールでスライドしているため、スライド側の本棚に重量を詰め込みすぎると、本の重さでスライドが重くなります。

びくともしない!とかではないので、十分動かせる範囲ではあるんですが、もう少しスライドローラーの剛性を高めるなどして、動きやすさを確保してもいいのではないかなと思います。

本を隠せない

あまり大きな声では言えないけど、まあアレです。

世の青少年諸君は思春期を迎えると欲しくなったりするアレです。

あーでも最近の子供はスマホか。スマホで全部解決するから本というメディアに囚われないのか。文明の進歩すごい。

まあそれでも、油断は出来ない。年に2回ビックサイトで行われるイヴェントで手に入るような薄い本の類。そういうのを隠すのには向かない。

表の本棚をスライドするだけで、胸の奥に閉じ込めた熱いパッションがむき出しになってしまうから。

思春期を殺した少年の翼をしまっておくには、この箱は狭すぎる。

出来るだけ詩的に表現してみました。

総括 

そんな訳で、実際にスライド式本棚を使ってみて気付いたことを書いてみました。

デメリットはいくらかあれど、圧倒的な省スペース性と収納量は魅力です。実際に僕の家はこの本棚のおかげで、カラーボックス4つ分部屋が広くなりましたので。

 

それと、とにかくこの商品は重いんで、店頭で買うよりも通販で買ったほうが絶対イイと思います。無理して持ち上げると、腰を悪くしますよ!

そんなこんなで、今日のブログおしまい。最後までお付き合いありがとうございました!

 

スポンサーリンク