エレキ宇宙船

空手とブーメランを組み合わせたブログ

朝倉さやさんのスピッツ・楓のカバーが最高すぎた

スポンサーリンク

ちょっと前に、午後の紅茶のCMで上白石萌歌さんが歌うスピッツの楓が話題になりました。可愛らしいルックスと澄んだ声はとても素晴らしいですよね。

 

オリジナルは1998年にリリースされました。

 

20年前の歌ですが今でも大変人気が高く、たくさんの有名アーティストにカバーされています。時代を超えて愛される歌ってことがよく伝わってきます。

で、先日「楓」のカバーを色々と聴き漁っておりましたら、泣きそうになるくらい素晴らしいカバーを見つけたので、今日はその報告です。

朝倉さやさんの「楓」カバーが最高すぎた

まずは聴いてみてくださいませ。もう本当すごかったから!

 

 

・・・な?

いやー、もうお兄さん(?)良すぎて泣きそうになっちゃったよ!てかちょっと泣いた。こんなに心の中の柔らかいところをガンガン突き動かされたのは初めて。

歌で涙を流したのは、就職して地元を離れたときにStingのEnglishman In NewYorkを聴いた以来でした。

朝倉さやさんについて

朝倉 さや(あさくら さや、1992年6月29日 - )は、山形県出身のシンガーソングライター。

曾祖母・母の影響で小学2年時に本格的に民謡を習い始め、小学4年時に三味線を習い始める。

民謡民舞少年少女全国大会で、小学生の時と中学生の時2度日本一に輝き、18歳で上京。

デビュー前より著名な楽曲を山形弁でカバー、三味線、民謡調のアレンジを施して歌い、話題を集めた。

朝倉さや - Wikipedia

山形出身の歌手で、小さい頃から民謡を歌っていた。

小学生と中学生の頃の2回、全国大会で優勝。その後状況したって訳ですね。デビューする前から山形弁で色んな歌をカバーし、話題になっていたそうです。僕は最近彼女を知ったクチなので、全く知りませんでした。

民謡ルーツの歌唱力

動画を見た方は分かっているでしょうけど、すごく綺麗な声ですよね。声質は生まれ持った才能の部分も大きいかと思うんですが、朝倉さやさんは歌唱力も素晴らしい。

元々民謡を歌っていたってことなので、そこで地力が磨かれたんだと思います。民謡って結構無茶な音程変更があったり、急に高い音を長時間要求されたり、歌ってる方はすっごい大変だと思います。

そんな民謡を小学校の頃から歌っていれば、そりゃ歌唱力は磨かれるでしょう!

山形訛り

ほんのりなんですが、歌い方の端々に絶妙な東北訛りがあります。

これが僕の涙腺を一番刺激しました。

歌詞を山形弁に変えて歌っている訳でもないので、よく耳を澄ませて聴かないと分からないレベルかも知れません。しかし、東京で生活していて方言に飢えていると、すーぐ分かります。単語のアクセントとか発音がほんと少しだけど訛りがある。

いやー、訛りのある女の子って本当に可愛いですね。

こぶしの入った歌声

一番耳に残るところだと思います。

サビの部分が演歌かよ!ってくらいこぶしが入ります。これが実に良いんです。普段から演歌を聴いている訳ではないですが、演歌ってやっぱり日本人の心の深い部分に響くものがあると思うんです。

楓って歌は正直演歌的な歌い方と相性が良いとは言えないと思うんですが、それをきっちり民謡風に・違和感なく歌い上げるってのは凄いことですよ!

僕の語彙力じゃ全部は伝えきれないんで、とにかく一度は聴くべし!聴くべし!

総括

例によって気持ち先行で書き散らかしてしまいましたが、本当に素晴らしい歌手です。いや本当にさ。

親戚の娘さんにこういう子がいたら、たぶん多めにお小遣いとかお年玉あげると思います。なんだかアラレちゃんみたいで可愛いですし。

 

民謡って、日本人のDNAレベルで訴えかける何かがあると思うんですよね。NHKの民謡番組とか、つい見入っちゃうし。普段からは聴かないけど、でも何か引き込まれるものがある。

 

歌に関してはいくら言葉で説明するよりも、一回聴いてみてもらうほうが遥かに早いし伝わります。なので、もう一度動画のリンク貼っておきますね。

マジで素晴らしいんで、一度でいいから聴いてみてください!お願いします!

 

 

スポンサーリンク